海洋散骨を芦屋や西宮でお探しなら葬儀社「オーシャン」へ!!

葬儀社「オーシャン」は、海洋散骨を行っています。海洋散骨は、現代の埋葬方法の一つとして人気の高い埋葬方法の一つとなっています。ここでは、そんな海洋散骨についてお届けします。是非、埋葬方法の参考にして下さいね。

海洋散骨について

芦屋 葬儀,海洋散骨

海洋散骨とは?

海洋散骨と言うのは、その名の通り遺骨を海洋に散布する事で、海洋散骨する方法で亡くなった人を葬る事を言います。例えば、亡くなった方が生前に、「自分は海好きなので、死後は自然に還りたい」と言うような希望を言っていた場合、その遺志に従って海洋散骨が行われます。

古来よりある供養の形…

海洋葬は、母なる海に遺灰を撒く供養の一つになっています。基本的に亡くなった方の遺骨と言いのは、お墓に納めると言う考え方が一般的ですよね。しかし、実は日本には古来、人が亡くなった時には海や山に遺骨を還す、散骨の風習が存在しています。
現代の日本ではなくなった方の遺体や遺骨を自然にそのまま還すと言う事は法律上ではできません。ですが、遺骨を粉末にして行う散骨は特に問題は無い為、散骨の供養方法が世の中に知られるようになってからは、最近では葬送の一つの方法として散骨は注目されるようになっています。

海洋散骨の特徴とは?

納骨では無く散骨する方法

一般的な供養方法では、亡くなった方のお墓に遺骨を納めると思います。しかし、海洋散骨では、粉末状にした遺骨を海に撒いて供養を行います。なので、亡くなった方の遺骨をどこかの場所に埋めて納めると言う事はしない供養方法になります。

墓標が無い供養形式

海洋散骨のように、お墓に納骨しない供養形式には、総本山への納骨や樹木葬等もあります。総本山に納骨する場合は自分達でそこへ出向いてお参りをしたり、樹木葬では特定の樹木に手を合わす方法でお参りをしたりします。一方、海洋散骨の場合は埋葬の目印と言うのが存在しない供養形式が一般的となっています。

海洋散骨は故人本人の希望で行われる

海洋散骨が行われる理由には、経済的な事情であったり、墓守がいなかったり、遺族の考え方や信念であったり、色々な理由で散骨が行われています。しかし、大体の場合は故人が生前にお墓に入らない形式である海洋散骨を希望して、死後行われる事が殆どです。

海洋散骨の魅力とは?

広大な海はどこまでも繋がっている

故人の散骨方法には、散骨する場所や散骨様式により様々なタイプの供養があります。その中でも、生活に密着し広大な海に遺灰を撒く海洋散骨を供養方法に選ばれる方が最近は増えています。広大な海に散骨する事は、海はどこまでも繋がっているという考えが元になっており、どこにいても海を見れば亡くなった方の事を偲ぶ事ができると言われています。

自分の希望する海に散骨してもらえる

海洋散骨を希望する方は、生前の内に海洋葬を申し込みしている方も少なくありません。現在の自分が暮らしている住所に限らず、自分自身の故郷であったり、思い出の海の場所であったり、自分の遺骨の散骨希望地を生前に選んでいる方も沢山います。また、近年は墓地不足でもある為、海洋葬を選択する方と言うのも増加しています。特に、都市中心部では墓地不足問題が深刻化しているので、お墓の申し込みをしても購買する際には抽選になるエリアもあります。また、墓地を自分は生活している場所から少し離れた場所に用意すると、今度はお墓を管理していく事が負担になると言うデメリットもあります。
なので、故人の葬儀後もいつまで経っても遺骨を納骨する事ができない場合もあるのです。そのような状況で、墓地をどうするかについて色々と考えて悩んでいる方にとって、海洋散骨と言う供養方法は新たな供養の選択肢になっているのです。

海洋散骨のメリットとは?

お金がかからず経済的である

実際にお墓を建てるとなると、どの程度の費用がかかるか知っていますか?大体、お墓を建てる為の相場価格は約200万円程度となっています。基本的に葬儀を行う際にも、お墓を立てる際と同額程度の費用がかかってくるので、経済的な出費が大きいと言う事が現状として挙げられます。
既に自分のお墓がある方であれば問題ありませんが、これからお墓を新しく建てる場合になると、かなりお金が必要になってきます。しかし海洋散骨であれば、故人の粉骨費用等を合わせたとしても、約20万円程度で費用を抑える事ができるので、経済的にも優しくなっています。

お墓の維持費が一切かからない

海洋散骨を選択した場合には、特に遺族はお寺との付き合いをする必要もなかったり、霊園へ管理料を支払う義務も必要なかったり、お墓に関しての維持費が一切かかりません。基本的に個人の一周忌や法事は食事会形式で行われる為、親戚一同で語らうラフな形式で行われる場合が殆どです。また、食事会についても会費制で行われる場合が多いので、継承者に対する負担も殆どありません。

お墓参りに行く事ができない心配がない

核家族化が進んだこと、自由に住まいを選べるようになったことなどから、「先祖代々のお墓があるところに住み続ける人がいなくなった」というような事情を抱えるご家庭は決して少なくありません。このため、「家族のだれも地元に残らなかったので、墓守をする人がいなくなってしまう」というような問題も起きています。お墓を引っ越すのも一つの手ではありますが、海洋散骨という選択肢も、この悩みを解決するための手立てとなり得ます。

お寺や霊園が破産しても問題無い

お寺や霊園は総じて安定した運営をしていることが多いのですが、「破産」する可能性もまったくないとは言い切れません。こうした際に一番困るのが、預けてある遺骨を引き取ってほしいと言われることです。返された遺骨は、その寺の総本山などと相談してほかの受け入れ先を探すことになるのが一般的です。しかしこれは手間もかかりますし、場合によってはお金もかかります。しかし海洋散骨ならば、このような心配はいりません。

海洋散骨を利用する際の価格相場とは?

➀自分の船で沖合散骨をする

自分で船を出して海洋散骨を行う場合は、燃料代だけが費用としてかかってきます。手漕ぎ用ボートやカヌーを活用して散骨を使えば特に散骨費用がかかる事はありません。

②海洋散骨の専門業者を利用して散骨する

一方、海洋散骨の専門業者を利用して散骨する場合は、散骨方法によって価格変動があります。遺骨を業者に預ける委託散骨では、相場価格は約5万円前後となっています。また、他の家族と一緒に乗船して海洋散骨を行う場合には、約10万円~20万円程度が相場です。一家族だけで船を個人的に借りて海洋散骨する場合は、約20~30万円程度が相場となります。他にも、僧侶にお経をあげてもらう場合、お布施として大体5万円程度の費用が必要になります。

海洋散骨する際に知っておきたい事…

海洋散骨する場合には、故人の遺骨は事前に細かく粉砕しておく必要があります。この粉砕作業を業者依頼する場合には、約2万円程度の費用が必要になる事を覚えておきましょう。また、内陸に住んでいる方は、海洋散骨する際に港までの交通費も必要になります。

海洋散骨が選ばれる理由とは?

海洋散骨は散骨場所が比較的自由

海洋散骨のようにお金がかからない埋葬方法には、樹木葬が知られていますよね。樹木葬も海洋散骨と同様に埋葬後の維持費が一切必要無いので、墓地を建てて納骨する場合に比べれば、経済的にもリーズナブルな価格で葬儀を行う事が可能です。
しかし、樹木葬の場合には、専用の霊園に遺骨を埋葬をする必要があるので、永代供養料を支払う必要があります。樹木葬の埋葬費用の相場価格は、大体、約数万円~50万円程度となっており海洋散骨と同じ位の価格で行う事ができます。ただし、樹木葬に関しては、埋葬する霊園に空きがない限り遺族は利用する事ができません。寺院が運営している一部墓地は、宗教・宗派が限定されている場合も少なくありません。
なので、樹木葬も海洋散骨と同様のお手頃な価格での埋葬が可能ですが、霊園によっては埋葬する際に制約を受ける場合があると言うデメリットがあります。しかし、海洋散骨であれば、比較的自由に故人の遺骨を散骨する事ができます。

まとめ

日本国内で海洋散骨を行う為に必要な費用は、最低でも約15万円~20万円程度となっており、経済的にも費用を抑えて埋葬する事ができます。散骨をする場所によっては、交通費や遺骨輸送費等がかかる場合もますが、火葬後に遺骨を施設で処分してもらうことも可能なので、このような場合には直葬費用しかかかりません。一般的に仏式の一般葬では約200万円~300万円程度の費用が必要なので、海洋散骨を選択すればリーズナブルな価格でお葬式を行う事ができます。埋葬方法にお悩みの方にも、海洋散骨は埋葬方法の一つとしてお勧めです。